生後10ヶ月で火傷をさせてしまったときにお医者さんに聞いた応急処置

      2018/05/22

こんにちは、CPです( ´ ▽ ` )ノ

つかまり立ちができるようになってた10ヶ月頃に、火傷をさせてしまった事があります。

お昼にうどんを作ってたのですが、その鍋をひっくり返して息子にかかってしまったのです。

息子が灰皿に手を伸ばしたので、阻止しようとして反射的に手がでたのです。できたてのうどんを器に入れていたときでした。

そのまま風呂場に直行して、冷水を体にかけ続けたのですが寒くなってきた時期だったし、風邪を引かないかという心配もありました。

寝ていた夫も何事かと飛び出してきて、火傷させたと言うと物凄く怒鳴られて、その声で更に息子はギャン泣き。

すぐに病院に連れて行くことにして、かかりつけの小児科に急いで自転車で向かいました。

時間外でしたが、受け入れてくださって、とりあえずまた冷やし続けました。水があたるとじんじんするみたいで、移動中に落ち着いていた息子はまたギャン泣き。

病院中に響きわたっていました。

小児科があるビルに皮膚科もあるらしく、そちらで診てもらう事になり、移動して、またそこでも水で冷やす。

やっと先生に診てもらう頃にはもうクタクタです。

問診の際に状況を思い出しながら説明しているのにモタモタしてるように見えたらしく、また夫が怒鳴る。

ほんと、腹が立ちました。

そして、自分の不注意で火傷させた事をひどく反省しました。

 

火傷の深さは1度、2度、3度と分けられる

息子は3度の手前かな、と言う事でした。

すぐには判断がつきにくいらしく、跡は残るかもしれないと言われたり、残らないと言われたりあやふやな感じでした。

幸い皮膚がでてた足の甲だけですみましたが、毎日通って手当をしてもらい、3週間ほどで完治しました。

今はほとんど跡はありませんが、よく見るとわかります。

手当は、毎日先生が変わるので先生によってバラバラでした。基本、前日の先生の治療を引き継いでいて、傷の具合で薬を変えたりする程度でした。

ネットで調べたら、今は湿潤療法といわれる方法もあるみたいで、はじめのてあてがこの方法だったように記憶しています。

ある程度治ってきてからガーゼと塗り薬をしていました。けれどやっぱりくっつくんですよね。

それとなく言っただけで、湿潤療法にしてほしい思いを伝えきれず先生の治療方法で治しました。

火傷の応急処置

冷やす事が一番大事!

30分くらいは冷水で冷やすことが望ましいようです。

それだけで、跡になる確率が下がると言われました。

こちらに詳しく書かれていました。

まとめ

火傷した次の日に1人で立てるようになった息子くんは、今また怪我の時期が来ていて、階段から落ちて頭強打するわ、前かごに乗っていた自転車が倒れるわ、指をドアで挟むわ、椅子から落ちるわ、こけて椅子の角にぶつかりこめかみ凹むわで、痛い思いたくさんしています。

動きはじめると目が離せなくなり、ふとしたときにやらかしてしまうので、みなさん気をつけてあげてください。

 

スポンサーリンク

スマホ用

スマホ用

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 profile:CP

  • \LINE@始めました!お得な情報配信中!!/

    LIGHTER DISTRICT