【夜もふけてきたのに】1歳の子供がまだ寝たくないと愚図っても、すぐに寝てくれる魔法の言葉

      2018/05/22

こんばんは、CPです( ´ ▽ ` )ノ

0:30やっと寝てくれました。

生活リズムがあるので、この時間が早いか遅いかは各家庭によってそれぞれ違いますが、うちではぐっすり寝ていて欲しいじかんです。

今日は、全然寝ようとしませんでした。

 

 

 

愚図りがおさまる魔法の言葉

お昼間天気がよく日差しも暖かかったのに、私の用事の為に室内で過ごしていました。用事も済み、さあ外に出て遊ぼうとした頃には、息子は夢の世界に。

こういう時は、寝ても抱っこのままでおろすと泣きます。なので昼寝の時間はずっと抱っこするハメに。だから、多分体力も有り余っているのか、夜はなかなか寝ません。

けれど私は眠いのです。もう限界というところで寝室に連行です。

寝室につくまでに嫌がっているので、着いた頃にはギャン泣きです。聞く耳も持ちません

これは、先日の夜泣き?寝れないの?】赤ちゃんがなかなか寝ない時に試して欲しい事に書いた時のパターンだと思ったので、息子の気持ちを考えてみました。

魔法の言葉は『わかるよ』

きっともっと遊びたい気持ちがあると思い、『もっと遊びたかったね、今日は晴れてたのに外で遊べなかったね、明日晴れたら沢山外で遊ぼうね』と心を寄せてみると、直ぐに泣き止みました

泣き止まない時は他の方法を考えましょう。

その日の出来事を思い返してください。

きっとみつかります

そうすると、後は簡単。

たぶん、ちょっと愚痴ってるのでしょう。

単語はでないけど、モニョモニョ何か言葉をだして、喋っています。

本人も夜更かししているので眠気はあり、すぐにそのまま寝ていきますよきっと。

では、おやすみなさい♪( ´▽`)

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク

スマホ用

スマホ用

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 profile:CP

  • \LINE@始めました!お得な情報配信中!!/

    LIGHTER DISTRICT