11ヶ月の息子を連れヨーロッパへ【飛行機編】

      2018/05/22

ご無沙汰です!cpです( ´ ▽ ` )ノ

ヨーロッパへ行く機会に恵まれたので、その時の様子を記しておきます!

私自身、一番気になった子連れの飛行機搭乗についてまずは書きますね。

2歳前の子連れ飛行機に必須の持ち物

それは、間違いなく

お菓子おもちゃです!!

これがあればなんとかなります。

親の安心材料にもなるので、

これらが無くなる或いは飽きる

とかならないようにいろいろ工夫して手荷物に忍びこませておきましょう。

大活躍したシールブックにマグネットブックは比較的長時間遊べるので

今後も必須!!

恐怖の離陸&着陸

なぜか、息子はシートベルトが大嫌いだったようで

離陸&着陸はとても肩身の狭い思いをしました。

気圧の関係で耳が痛くなったのかもねと

向かいのCAさんも気遣ってくださいます。

ランプが消えシートベルトを外すと

さっきまでのはなんだったのかと思うくらい

ケロッとしていました。

搭乗前にくたくたになってもらい離陸時はぐずりながら寝落ちsたのででまだ良かった。

着陸後に、隣のおじさまが

昔私も子連れで飛行機乗ったから気持ちわかるよ

と励ましてくださり、泣けました。。

帰りも着陸前に、他の搭乗者さんが

この子は楽しく過ごしているし良い子だねー

って言ってくださったのに

シートベルトになってぎゃん泣きだったから呆れてた。

大丈夫だよといろいろ声をかけても聞く耳もたず。。

もうどうしようもないので私も諦めて無になりました。

バシネット席は親も快適

klm、エールフランス共に

子連れ搭乗の際に

バシネットへの予約や、

家族間の並び席の優遇などがあります。

バシネット席は足元が少し広いので

2歳未満の子供と搭乗する際には必ず予約しましょう。

体重制限があるので息子はバシネットはムリでしたが、

この座席にしていて大分たすかりました。

搭乗前にすますことは

キッズスペースでたくさん遊ばせておきましょう。

くたくたにさせて飛行機内では眠ってもらう作戦が一番ベストだと思います。

 

スポンサーリンク

スマホ用

スマホ用

  関連記事

記事はありませんでした

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 profile:CP

  • \LINE@始めました!お得な情報配信中!!/

    LIGHTER DISTRICT